FITNESS MANIA

筋トレ歴10年以上、フィットネス業界勤務の経験からスポーツジムや筋トレマシンについて詳しく解説するブログ

ホームジムのメリットデメリット、作り方を徹底解説!自宅で本格トレーニングをしよう!

運動や筋トレはしたいけどジムに行くのがめんどくさい、会費を払いたくない、中々時間が取れないなどの方には自宅にホームジムを作成する事をオススメします!

ホームジムについて

f:id:aresenal1991:20200504224711j:plain

健康ブームの高まりにより筋トレを始めたい方が多くなっていると思います。

ジムに通うのは時間的に難しい、月会費を払う余裕がない、もったいない、家の近くにジムがないので通うのが難しい、そんな方にはホームジムを作成する事をオススメします!

また、最近では筋トレ中~上級者の方も敢えてホームジムを作って家でトレーニングする方が増えています。

ホームジムのメリットデメリットをしっかり理解して検討しましょう!

ホームジムのメリット

・会費がかからない。

・待ち時間なし、他人を気にせずトレーニングできる。

・移動時間や休館日がなく好きな時間にトレーニングできる。

スポーツジムの会員費用は月1万円ぐらいかかります。

ホームジムは導入時に初期費用がかかりますが、どんなに本格的に揃えたとしても数年で元が取れます。

また、ジムは混雑する可能性があり、マシンを利用したくても待ち時間が発生する場合があります。

ホームジムなら煩わしい待ち時間がない、他人を気にする必要がないのでインターバルや服装も自由にトレーニングできます。

もちろんホームジムは移動時間や休館日もないので、好きな時に効率的に自分のペースでトレーニングができます。

ホームジムのデメリット

・初期費用が高い

・ジムと比べると設備が劣る。

・建物の構造、スペースによっては入れられないマシンがある。


ホームジムを作る上でどうしても初期費用がかかります。

ダンベルとベンチだけなら3~5万ぐらいで済みますが、一通りの設備を揃える場合は10万以上かかります。

当然会員制のジムのようなマシンをずらっと並べるようなレイアウトはできないので、フリーウェイト中心で最低限のマシンで工夫してトレーニングする必要があります。

また、ホームジムは騒音などの問題や設置スペースによって置くことができないマシンもあります。

パワーラックなど大型のマシンを設置する場合には事前にしっかり確認する必要があります。

ホームジムを作るポイント

f:id:aresenal1991:20210617211711j:plain

ホームジムを作るには目的、予算、スペースの観点から考える必要があります。

また、マンションや借家の場合は同時に器具を動かす際の騒音についても考慮しましょう!

ホームジムの目的

ホームジムを作る事を検討しているなら、「ダイエットしたい」「運動不足を解消したい」「本格的なトレーニングで引き締まった身体を手に入れたい」などそれぞれの目的を決めましょう!

あれもこれも使わない物を揃えても結局ほとんど使う事なくお金の無駄になってしまう可能性があります。

ホームジムを作る目的を明確にして、達成のために必要な器具のみを購入するようにしましょう!

ホームジムの予算はどれくらい必要?

ホームジムの最終的な費用は何を導入するかによって変わってきます。

例えばトレーニングチューブやアブローラーなどちょっとした筋トレグッズは数千円程度で収まりますが、ダンベルとベンチを揃えるとと数万円程度かかります。

ある程度身体を鍛えたい方にとっては最低数万はかかる覚悟が必要です。

特に注意しなければいけないのがパワーラックやケーブルマシンのような大型のマシンになります。

大型のマシンは機種によっては本体で十万円以上かかり、送料も高額になります。

さらに複雑な構造のマシンは別途組み立て費用も発生する事を頭に入れておきましょう!

ホームジムに必要なスペース

パワーラックケーブルやダンベル、バーベルなどフリーウェイトトレーニングを目的としている方はスペースに配慮する必要があります。

器具本体のスペースだけでなく、自由に動かしたりバーベルなどはプレートを脱着するスペースが必要になります。

出来れば器具の寸法+左右奥行きそれぞれ30cm以上スペースを確保するようにしましょう!

また、大型のマシンを入れる場合には天井高やマシンの搬入経路も合わせて確認しましょう!

ホームジム用マシン一覧

上記を読んでいればホームジムの作り方はある程度理解できたと思います。

次に具体的にどのような製品があるのか解説いたします!

自分の目的や予算や導入可能スペースに合ったマシンを選んで理想のホームジムを作りましょう!

ホームジム用有酸素マシン

ランニングマシン

f:id:aresenal1991:20200415235729j:plain

運動不足解消やダイエットでまず考えるのがジョギングやランニングなどの有酸素運動です。

外で走ったりするのは気持ちいいですが、天気が悪いと思うように運動できなかったり、ジムに通うのが面倒くさい、時間がない方には
ランニングマシンを購入する事をオススメします!

天気やジムへの移動時間を気にすることなく、いつでも好きな時間に有酸素運動ができます。


エアロバイク

f:id:aresenal1991:20210617233206p:plain

ダイエットのために外を自転車で走るのは気持ちよく効率的ですが、天気が悪いと思うように運動できなかったり、自転車を用意する事が難しい方には家庭用エアロバイクが最適です。

エアロバイクはダイエットや有酸素運動目的で気軽にどんな体力レベルの方でも気軽にトレーニングできるのと、省スペースで安価なモデルが多く、ランニングマシンに比べて導入しやすいのが魅力です。


スピニングバイク

f:id:aresenal1991:20210617231121p:plain

スピニングバイクは室内用の自転車トレーニングができるマシンになります。

主にロードバイクに乗っている方や競輪選手、様々なアスリートの方が使用しているマシンになります。

一般の方は向かないのではないか?と思われがちですが、足腰が弱い高齢者以外でしたらどなたでも気軽に使用できて、本格的な有酸素トレーニングができます。

・競技スポーツを行っていてパフォーマンスを向上させたい方
・ロードバイクに乗られている、乗りたい方
・高強度で有酸素トレーニングしたい方

上記に当てはまる方はエアロバイクよりもスピニングバイクを選ぶべきです。


ホームジム用フリーウェイト、筋トレマシン

パワーラック

f:id:aresenal1991:20210617231139p:plain

パワーラックは1台あれば一通りの高重量トレーニングができるので、自宅にいても筋肥大が狙えます。

バーベルの動きを自由に扱えるため、フリーウェイトの基本であるBIG3(ベンチプレス、デットリフト、スクワット)を中心に全身を一台で鍛える事ができます。 

また、セーフティーバーが必ずついているので、一人でも安全に行う事ができるマシンです。

正しい使用方法で利用すれば、中上級者はもちろん初心者でも安全に効率的にトレーニングする事ができるマシンです。


ダンベル

f:id:aresenal1991:20200405235220j:plain

ダンベルは家で筋トレするうえで、場所やスペースを選ばずに簡単に導入できます。

ダンベルには大きく3つのメリットがあり、

・①安価で導入ができる
・②スペースはほとんどいらない
・③全身くまなく鍛えられる

筋トレ初心者やスペースや場所が確保できない方には非常にメリットがある器具になります。

また、ダンベルにはパワーラックではできない細かい部位のトレーニング(例:肩の中部を鍛えるサイドレイズなど)ができます。


ホームジム用マシン

f:id:aresenal1991:20210617232744p:plain

フィットネスクラブに行くとウェイトスタック式のマシンがずらっと並んでいます。

当然フィットネスクラブのようなマシンを家に並べるのはスペース的にも価格的にも不可能です。

しかし、ホームジム用のマシンを導入すれば省スペースでウェイトスタック式のマシントレーニングができます。

ホームジム用のマシンの最大の特徴は1台で複数の部位が鍛えられるようになっています。

初心者~上級者まで全てのレベルの方が安全にトレーニングができます!


ベンチプレス台

f:id:aresenal1991:20200909214809p:plain

男性なら誰しもが逞しい胸筋を手に入れたいと思った事があると思います。

ベンチプレスは胸筋にダイレクトに高強度で効かせる事が出来るトレーニング機器になります。

フィットネスクラブや公共の体育館などにあるベンチプレスですが、実は安価な価格かつ小スペースで自宅に導入する事ができます。


懸垂マシン

f:id:aresenal1991:20210617232623j:plain

懸垂マシンは背筋を効率よく鍛えられる器具になります。
懸垂運動はボディビルダーの方でも取り入れているぐらい広背筋に効かせる事が出来る種目です。

男性なら広く逞しい背中を、女性なら美しい背中を手に入れる為に効率よく背筋を鍛えられるマシンになります。

また、懸垂マシンはただぶら下がるだけで肩こりや腰痛の改善が期待できます。

体力レベルが低い初心者の方や高齢者の方はぶら下がり健康器具として購入するのもありです!


ホームジム用トレーニング用品

トレーニングチューブ

f:id:aresenal1991:20210617232841p:plain

健康志向が高まり、筋トレを始めたい方が増えてきています。

お金をかけたくない、気軽にトレーニングしたい。そんな方にはトレーニングチューブがオススメです!

トレーニングチューブがあれば、全身を簡単かつ安全にトレーニングができます。
最近の製品はセット販売が多いので安価な価格で強度も自由に調整できます。

ボディビルダーのような筋肥大を目指すトレーニングは難しいですが、気軽に全身運動や体幹トレーニング、ストレッチができます。


腹筋ローラー

f:id:aresenal1991:20210617233130p:plain

健康志向が高まり、筋トレを始めたい方が増えてきています。

理想の身体で定番なのが男性なら綺麗に割れた6パックや女性なら引き締まった腹筋です!

お金をかけたくないけど最短で腹筋を割りたい!そんな方には腹筋ローラーがオススメです!

腹筋ローラーがあれば、腹筋を簡単かつ高強度でトレーニングができます。


まとめ

ホームジム作りは初期費用はかかりますが、様々なメリットがあります。

また、6畳間の部屋でも一通りトレーニングができるための十分な設備が揃えられます。

フリーウェイト中心に筋トレがしたい、有酸素運動と筋トレをバランスよくしたい方など様々な用途に合わせて上記の記事を見ながら検討してみてください!

合わせて読みたい
www.aresenal1886.com
www.aresenal1886.com