Fitness Mania

フィットネス業界に長く身を置く管理人がエニタイムフィットネス各店舗のレビュー中心にフィットネスマシン、フィットネス業界について紹介します!

ホームジム用マシンオススメ5選!これでジムに行く必要もなし!?

運動や筋トレはしたいけどジムに行くのがめんどくさい、会費を払いたくない、中々時間が取れないなどの方には自宅にホームジムを作成する事をオススメします!
町のジムのような設備は難しいですが、最小限の設備で最大限のトレーニングができるホームジム用器具を紹介していきたいと思います。
今回はホームジム用マシンを紹介します!

ホームジム用マシンとは

f:id:aresenal1991:20200412225139p:plain

フィットネスクラブに行くとウェイトスタック式のマシンがずらっと並んでいます。

当然フィットネスクラブのようなマシンを家に並べるのはスペース的にも価格的にも不可能です。

しかし、ホームジム用のマシンを導入すれば省スペースでウェイトスタック式のマシントレーニングができます。

ホームジム用のマシンの最大の特徴は1台で複数の部位が鍛えられるようになっています。

最大重量は流石に施設用のマシンと比べると低いですが、初心者~上級者まで全てのレベルの方が安全にトレーニングができる設定になっています。

合わせて読みたい

ホームジム用パワーラックについてはコチラ
https://www.aresenal1886.com/entry/2020/03/16/001334www.aresenal1886.com

ホームジム用ダンベルについてはコチラ
www.aresenal1886.com

ホームジム用マシン導入のポイント

マシンの寸法を購入前によく確認してください。 横幅、奥行き、天井高、もし組みあがった状態での引き渡しなら搬入経路の寸法も確認しましょう。 マシン寸法ギリギリでしかスペース確保できない場合、利便性が著しく低下しますので注意してください!
 できれば各寸法から+20~30cm以上余裕をもって確保できるようにしましょう!


また、下記の製品も合わせて購入する事によってよりトレーニングの幅が広がるので合わせてご検討ください!

マググリップ3点セット

マググリップ7点セット

マググリップはラットプルダウン用のアタッチメントになります。
ホームジム用マシンはラットプルダウンが付いているので、上記のアタッチメントを導入する事によって細かく背中を鍛える事ができます。

ホームジム用マシンオススメ5選

BARWING(バーウィング) ホームジム 【ウエイト 80kg】


BARWING(バーウィング) ホームジム 【ウエイト 80kg】

価格:¥39,800

本体サイズ:横幅約1160mm×長さ約1400mm×高さ約2150mm
ウェイト最大重量:80kg
対応トレーニング数:32種類

安価な価格で32種類のトレーニングができるホームジム用マシンになります。
最大重量も80kgまでで中~上級者にも対応可能で、設置面積は省スペースで1畳以下のスペースに収まります。
コスパ重視の方にはオススメです!


ボディメーカー(BODYMAKER) ホームジムDX TM066


ボディメーカー(BODYMAKER) ホームジムDX TM066 プレート付(60kg)


価格:¥36,190

本体サイズ:横幅約1180mm×長さ約1380mm×高さ約2020mm
ウェイト最大重量:60kg
対応トレーニング数:15種類

オススメマシンの中で最安値になります。サイズも小さめで15種類のトレーニングができます。
最大重量が60kgまでとなっていますので、女性や運動不足解消を目的にしている方にはオススメです!


マルチトレーニング DX ホームジム 大型 ワイヤー式 重りの無い静音設計 LS-SA-690


マルチトレーニング DX ホームジム 大型 ワイヤー式 重りの無い静音設計 LS-SA-690

価格:¥75,810

本体サイズ:幅約830mm×長さ約1350mm×高さ約2130mm
ウェイト最大重量:自重+負荷調節9段階

最大の特徴はウェイトスタックを使わず自重+負荷調整ピンで負荷をかけるマシンになります。
ウェイトスタックは構造上ウェイト同士がぶつかる時に予想以上に振動が来ます。
借家や2階以上での利用では注意が必要です。こちらのマシンは静粛性に優れていますので安心して利用できます。
また、口コミを見ると自重でもかなり重いようです。


[WILD FIT ワイルドフィット] 150デラックスホームジム


[WILD FIT ワイルドフィット] 150デラックスホームジム


価格:¥99,500

本体サイズ:横幅約1500mm×長さ約1760mm×高さ約2000mm
ウェイト最大重量:68kg
対応トレーニング数:20種類以上

こちらのマシンの最大の特徴はケーブルマシンが付いていることです。ケーブルだけでも工夫次第で全身トレーニング可能です。
これ一台でかなりのバリエーションでトレーニングできます。


ReshapeLife バージョンアップ マルチホームジム


ReshapeLife バージョンアップ マルチホームジム マルチジム 筋トレ 大型マシン トレーニングマシン 約3畳


価格:¥175,600

本体サイズ:横幅約2283mm×長さ約2110mm×高さ約2349mm
ウェイト最大重量:73kg

50mm×75mmのフレームを採用していて耐久性、安全性は屈指です。
他社のホームジムマシンで搭載されている機能+ケーブル、チンニングバー、サンドバックがついているので、あらゆる部位で幅広いトレーニングができます。
約3畳ほどのスペースが必要になりますが、これ一台で施設並みのトレーニングができるので、スペースや価格に余裕があれば是非!


まとめ

ホームジム作りは最初の購入のハードルは高いですが、一度揃えてしまえばジムに行く時間の短縮や、月会費の節約ができます。
ホームジム用マシンは安価な価格で手に入るモデルもあるので、検討してみてください!