Fitness Mania

フィットネス業界に長く身を置く管理人がエニタイムフィットネス各店舗のレビュー中心にフィットネスマシン、フィットネス業界について紹介します!

5年以上利用してわかったエニタイムフィットネス「メリット、デメリット」

筋トレ歴10年、今まで大手スポーツクラブや公共施設に通っていましたが、エニタイムフィットネスを通い始めてから5年以上経ちましたのでエニタイムフィットネスについて解説していきたいと思います。

エニタイムフィットネスとは

2002年にアメリカのミネソタ州ミネアポリスで、一般消費者向けに調度良い「新しいフィットネスジムのあり方」をコンセプトに第一号店をオープンしてから、現在28ヵ国で4500店舗以上を展開しているフランチャイズのフィットネスジムです。

日本では2020年1月現在700店舗を達成しました。現在日本にある24hジムの中で1番の店舗数になります。

最近では地方の出店もかなり多くなり、今まで24hジムがなかった地方にも積極的に出店しているようです。

www.anytimefitness.co.jp


エニタイムフィットネスのメリット

エニタイムフィットネスには多くのメリットがあるので詳しく解説したいと思います。

1.月会費が安い

f:id:aresenal1991:20200216215143j:plain

エニタイムフィットネスはフランチャイズ展開しているため、店舗によって月会費は変わりますが、月会費は6,500~8,500円/税別ぐらいです。
大手のフィットネスクラブだとレギュラー会員(契約している店舗の営業時間全て利用できる。)で月会費は8,000~10,000円/税別,全国相互利用の会員になると10,000~13,000円/税別ぐらいになります。

必ずしも上記の価格にあてはまるわけではないので、月会費は店舗のホームページから都度確認お願い致します。

大手のフィットネスクラブと比べると1,000円~2,000円安い場合が多いです。

2.24時間年中無休で利用可能


エニタイムの大きなメリットの一つは24時間年中無休いつでも利用できる事です。

大手のフィットネスクラブだと営業時間が8:00~22:00,23:00までの施設が多いです。社会人だと早朝や仕事終わりに行きたくても営業時間内にジムに行けない、もしくは行ったとしても30分~1時間ぐらいしかトレーニングができないなどの問題が出てきます。

エニタイムフィットネスなら全ての人のライフスタイルに合わせて利用できます。

また、週5~6でジムに行く本格的なトレーニーにとってジムの定休日はかなりキツいです(笑)特にお盆や年末年始は連続して休みになる施設が多いため、筋トレ難民になります。

エニタイムフィットネスなら年中無休のため、お盆や年末年始も充実したトレーニングができます(笑)

3.無料で全国相互利用可能

f:id:aresenal1991:20200216230836j:plain

エニタイムフィットネスは会員なら無料で国内700店舗、世界4,500以上の店舗が利用可能です。
出張が多い社会人だと出張中にジムに行けなかったり、多店舗利用で別料金を払う心配がないのは大きいです。

また、国内、海外旅行中にも無料でジムにいけるのはトレーニーにとっては最高ですね(笑)

各店舗それぞれマシンの内容や雰囲気が違うので、色々な店舗を回ってみて理想の店舗を見つけて見るのも面白いと思います。

別の記事でエニタイムフィットネスの各店舗を詳しくレビューして居ます。是非参考にしてください。
www.aresenal1886.com

4.最新のマシンが使える

エニタイムフィットネスの各店舗はLIFE FITNESS社PRECOR社の2社を採用しています。

どちらのメーカーも世界的に有名なメーカーで安全かつ効果的にトレーニングができるマシンを搭載しています。

特に有酸素マシンはTV,インターネット(YOUTUBE,Netflixなど)、世界のコースなどが内蔵していて、楽しみながら運動できる仕様になっています。

また、アプリ等を登録すると自分の運動履歴を記録する事はできます。

LIFE FITNESS製有酸素マシンの機能についてはコチラ
www.aresenal1886.com

5.フリーウェイトが充実、ファンクショナルトレーニングが可能な店舗もアリ

f:id:aresenal1991:20200216224000j:plain

大手のフィットネスクラブだと有酸素マシンやウェイトマシンはかなりの台数があるのにダンベルが30kgまでしかない、フリーウェイトゾーンのマシン台数が少ない場合が多いです。

エニタイムフィットネスならダンベル50kgまであったり、パワーラック、プレートロードが多く、フリーウェイトゾーンが充実した店舗が多数あります。

特に店舗が広い地方はフリーウェイトが充実している店舗が多い傾向があります。

下記リンクにフリーウェイトゾーンが充実した店舗をピックアップしています
www.aresenal1886.com


また、一部の店舗では身体能力、運動機能向上が目指せるファンクショナルトレーニングができる器具を置いている店舗もあります。趣味で別のスポーツをしている方にも最適です。

下記リンクにファンクショナルトレーニングができる店舗をピックアップしています
www.aresenal1886.com

エニタイムフィットネスのデメリット

エニタイムフィットネスにはメリットだけではなくもちろんデメリットもありので詳しく解説致します。

1.時間帯によってはかなり混雑する

f:id:aresenal1991:20200217002112j:plain

大手のフィットネスクラブと違い、店舗はコンパクトな設計になっています。
ピークタイム(18:00~22:00)はほとんどの店舗が混雑していて待ち時間が発生する可能性が高いです。

また、携帯をいじりながらトレーニングしているなど、長時間マシンを占領している方を多数見受けられます。

ストレスなくトレーニングするには、ピークタイムからずらしてジムに行く必要があります。

2.お風呂、サウナがない

フィットネスクラブに行く理由は人によって様々です。
レーニング後の風呂やサウナを楽しみにしている方は多いとおもいます。

大手のフィットネスクラブにあるような大型の風呂やサウナはありません。

シャワールームがいくつかあるのみで、利用の場合はシャンプーやボディソープは自分で用意する必要があります。

ただし、シャワールームは男性用と女性用分かれているので女性の方は安心ですね。

3.スタッフがいる時間が短い

f:id:aresenal1991:20200217005443j:plain

エニタイムフィットネスは24h時間営業ですが、スタッフがいる時間はどの店舗も9:00~20:00の8~9時間程度です。

スタッフがいる時間でないと入退会ができなかったり、トレーニング初心者だと気軽に質問ができる人がいないので、常にスタッフとコミュニケーションを取りたい方にはオススメできません。

4.プール、スタジオがない

エニタイムフィットネスはマシン特化型のジムです。
大手のフィットネスクラブのような大型プールやスタジオはありません。
スタジオで行われているようなグループトレーニングを利用したい方には向きません。

まとめ

エニタイムフィットネスには上記で記載したようなメリットとデメリットがあります。下記を参考に検討してみてください!

1.エニタイムフィットネスに向いている人

とにかく会費を抑えたい方
利用可能時間、休館日を気にせずトレーニングしたい方
一人で黙々とトレーニングしたい方
最新のマシンを利用したい方
フリーウェイトゾーンを活用して本格的に鍛えたい方
ファンクショナルトレーニングをしたい方
近隣の店舗や全国色々な店舗を利用したい方

2.エニタイムフィットネスに向いてない人

夜しか行けないが、混雑を気にせず利用したい方
レーニング方法、フォームがわからない初心者の方
風呂、サウナを利用したい方
プール、スタジオを利用したい方
グループトレーニングで盛り上がりたい方